2009年05月29日

運命は「口ぐせ」で決まる(佐藤 富雄著)

【出版社名】三笠書房

【発行年月】2003年2月

【著者紹介】佐藤 富雄(さとう とみお)

1932年、北海道北見市生まれ。早稲田大学、東京農業大学卒業。
医学博士、理学博士、農学博士。経営学修士。
心理学・生理学の観点から、「口ぐせ」が、人間の脳と人生に及ぼす影響を研究。
日本人に最適の成功法則としての「口ぐせ理論」を提唱し、著書、全国各地での講演を通じて大きな反響を呼んでいる。
主な著書に『あなたが変わる「口ぐせ」の魔術』『「積極人間」は早死にする』『ツキを呼び込む成功法則』など多数がある。

【目次】
はじめに
 これは奇跡ではない…「あなたが望むもの」が、この理論ですべて手に入る!
1章 人は誰でも「口ぐせどおりの人生」を歩む
 “言葉の力”で誰でも簡単に人生を「いい方向」に動かせる
2章 「望む人生」を口に出した瞬間から…
 “口ぐせ”と“エンドルフィン”の不思議な関係
3章 思いどおりの人生をつくる「脳のメカニズム」
 “成功する脳”はこうしてできる!
4章 驚きの効果!…短期間で人生はここまで変わる
 ツイてる人に学ぶ“口ぐせ”の法則
5章 運をつかむ人の24時間
 “口ぐせ”習慣から仕事術・生活術・健康術まで
おわりに
 理論的で実行は簡単、確実な効果!それが「口ぐせ理論」です

【一言】
「脳は、事実と想像したものの区別がつかない!!
だがら、ポジティブな「口ぐせ」を使い、脳に錯覚させることにより、自分の能力を最大限引き出すことが可能なのだ!!」

このようなことが書かれており、最初は(えぇ〜、本当かよ?!)と半信半疑で読んでいましたが、非常にやりやすく、読んでいくうちにのめり込み、どんどんとやる気の出てくる一冊です!!
ポジティブになれます!騙されたと思って読んで下さい!!

運命は「口ぐせ」で決まる―「思いどおりの自分」をつくる言葉の心理学メソッド (知的生きかた文庫)


【紹介記事】
客観的に物事を捉えるための三要素
私たちは、自分で経験したことしかうまく想像することができないし、
経験したことなら何度でも繰り返し想像することが可能です。

(中略)

私たちは知らないことを想像することができません。
知らないことを想像するとリアリティに欠けてしまうのです。

(中略)

情報がなければ、実際に構成して想像することができないのです。

このように、想像するためには、“経験”“知識”“情報”の三要素が必要です。
(p.129を引用)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 23:57| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

客観的に物事を捉えるための三要素

今回は、「客観的に物事を捉える」ために必要なことについて述べたいと思います。

こちらで、「思考のバランス力」とは、
  1. 情報を多く仕入れ
  2. 客観的に物事を判断し
  3. 知識を統合する力を養う
  4. 超並列的思考能力
と定義しました。この能力を持つ者こそが、人生を謳歌し、社会で成功することが出来るのです!!


さて、2.の「客観的に物事を判断する」ためには、なにが必要なのでしょうか?


医学博士・理学博士の佐藤 富雄氏は、
著書「運命は口ぐせで決まる」で、
以下のように言っています。

私たちは、自分で経験したことしかうまく想像することができないし、
経験したことなら何度でも繰り返し想像することが可能です。

(中略)

私たちは知らないことを想像することができません。
知らないことを想像するとリアリティに欠けてしまうのです。

(中略)

情報がなければ、実際に構成して想像することができないのです。

このように、想像するためには、“経験”“知識”“情報”の三要素が必要です。
まとめると
  • 経験が少ないと想像できない
  • 知らないことは想像できない
  • 情報がなければ想像できない

想像できなければ、
偏って物事を捉えてしまったり、
一つの特徴だけを見て人を判断してしまったりしがちです。

公正な客観的な視野を持つには何よりも

「より多くの経験をし、より多く学び、より多くの情報を集める」

ということが必要になります!!

「客観的に物事を捉えるための三要素」とは

経験” “知識” “情報

です!!みなさんも意識してみてはどうですか?

(今回の話は、前回の「なぜ情報を多く仕入れる必要があるのか?」にも関連しているので、そちらも是非ご覧下さい!)

次回は定義の3つ目、「知識の統合」について説明したいと思います!!
→Go To Next Page


【関連記事】
「思考のバランス力」って何ですか?
なぜ情報を多く仕入れる必要があるのか?
知識を統合する力
「左右」の概念がない民族!?(作成中)
【関連書籍】
運命は「口ぐせ」で決まる(佐藤 富雄著)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 22:58| Comment(0) | 「思考のバランス力」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

なぜ情報を多く仕入れる必要があるのか?

前回「思考のバランス力」について以下のように定義しました。
  1. 情報を多く仕入れ
  2. 客観的に物事を判断し
  3. 知識を統合する力を養う
  4. 超並列的思考能力
この能力を持つ者こそが、人生を謳歌し、社会で成功することが出来るのです!!


今回は、1.「情報を多く仕入れる」に焦点を絞って論じていきたいと思います。

あなたは、次のような話を聞いたことがありますか?
  • アメリカの新聞『ニューヨークタイムズ』一週間の情報量は、
    18世紀の個人が一生かけて得る情報よりも多い

  • 今年生まれる新しい情報の情報量は、
    過去5000年間に人類がすべてが生み出したすべての情報量よりも多い

  • 現代人類が生み出している情報は毎年2倍に増えていて、
    2010年には72時間で2倍になる
どうですか?この数字はすごいですよね!
そして、危機感を感じませんか?

いま手に入れている情報が、明日になったらまったく役に立たない。
なんてことも生じてくるはずです。

「いかに正確な情報を多く収集できるか」という点が、
現在社会を生きる上で非常に重要なことがわかるでしょう!!

さらに、情報を多く仕入れることの重要性は、それだけではありません!

それは、定義2の「客観的に物事を判断する」ための、必要不可決な要素なのです!!
それでは→Go To Next Page


【関連記事】
「思考のバランス力」って何ですか?
客観的に物事を捉えるための三要素
情報の収集の仕方は?(作成中)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 00:49| Comment(0) | 「思考のバランス力」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。