2009年05月28日

なぜ情報を多く仕入れる必要があるのか?

前回「思考のバランス力」について以下のように定義しました。
  1. 情報を多く仕入れ
  2. 客観的に物事を判断し
  3. 知識を統合する力を養う
  4. 超並列的思考能力
この能力を持つ者こそが、人生を謳歌し、社会で成功することが出来るのです!!


今回は、1.「情報を多く仕入れる」に焦点を絞って論じていきたいと思います。

あなたは、次のような話を聞いたことがありますか?
  • アメリカの新聞『ニューヨークタイムズ』一週間の情報量は、
    18世紀の個人が一生かけて得る情報よりも多い

  • 今年生まれる新しい情報の情報量は、
    過去5000年間に人類がすべてが生み出したすべての情報量よりも多い

  • 現代人類が生み出している情報は毎年2倍に増えていて、
    2010年には72時間で2倍になる
どうですか?この数字はすごいですよね!
そして、危機感を感じませんか?

いま手に入れている情報が、明日になったらまったく役に立たない。
なんてことも生じてくるはずです。

「いかに正確な情報を多く収集できるか」という点が、
現在社会を生きる上で非常に重要なことがわかるでしょう!!

さらに、情報を多く仕入れることの重要性は、それだけではありません!

それは、定義2の「客観的に物事を判断する」ための、必要不可決な要素なのです!!
それでは→Go To Next Page


【関連記事】
「思考のバランス力」って何ですか?
客観的に物事を捉えるための三要素
情報の収集の仕方は?(作成中)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 00:49| Comment(0) | 「思考のバランス力」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。