2009年06月04日

「超並列的思考能力」って何?

ブログ開設からはや1週間。
ようやく、「思考のバランス力」の定義のラストまできました。

さて、今までの復習ですが、
「思考のバランス力」とは、
  1. 情報を多く仕入れ
  2. 客観的に物事を判断し
  3. 知識を統合する力を養う
  4. 超並列的思考能力
です。


今回は、「超並列的思考能力」について述べていきます。

この「超並列的思考能力」とはいったい何なのでしょうか??

あまり聞き慣れない言葉ですよね。実は、これも私が考えたキーワードです!!

考えたというか、
成毛 眞氏の著書「本は10冊同時に読め!」に紹介される
「超並列読書術」から感化されて、作った言葉です。

まず、「超並列読書術」とは何か?
彼の言葉で紹介すると
「超並列」読書術とは、一言で言えば「本は10冊同時に読め!」ということだ。物理学の本と江戸の文化を題材にした新書、戦時物のノンフィションと経済学の論文というように、まったく違うジャンルの異なる本を同時並列的に読みあさっていくのだ。

(中略)

なぜなら、本のジャンルやテーマによって、刺激される脳の部位が異なるからだ。私は脳の専門家ではないので、読書をすると具体的に脳のどの部分が刺激されるか科学的に検証することができないが、ベクトルの異なる本を同時に読めば、脳のさまざまな部位を活性化することができるのではないかと思う。

今回は、この本が主題ではないので、詳しくは語りませんが、非常に衝撃的でぶっとんだ本なので、機会があれば是非読んで下さい。人生の幅が広がると思います。


さて、本題に戻りたいと思います。
「超並列的思考能力」でしたね。
なんとなくおわかりかと思いますが、

「1つのことにこだわるのではなく、多角的、立体的に考える!!」

ということが言いたいのです!!

まだ抽象的ですね。
次の具体例で、説明したいと思います!!

  • 「自分の意見を持て」と言われたと思ったら、
    「チームワークを大切にしろ」とも言われる。
  • 「何事にも肯定的に考えろ」と紹介する本があったり、
    「まず疑って、裏を読め」と紹介する本がある。
  • 一方で「分刻みで予定を立てろ」という人がいるが、
    他方で「時間を気にせず心に余裕を持て」という人がいる。


思わず、どっちだよ!と感じてしまうかもしれません。

しかし、私はこれらを矛盾とは考えません。
むしろ、それらの「バランス」が大切なのです。

100人いれば、100通りの考え方があるように
完璧な正解なんて、この世の中にはほとんどないんです!!

その場の状況、相手との関係、タイミング…
などなど、いろいろな要素が影響してきます!!

やってみて成功することも失敗することもあるでしょう!!
でも、それでいいと思うんです!!

いろんな意見や、いろんな可能性、それらは全て正しいし、
間違った人生なんかかは存在しない!!

“清濁併せ呑む”なんてことわざがあるように、
バランス力のある人が、深く信頼され、人生を謳歌できる!



「並列的、多角的、立体的に、ものごと考える」

それが、私の提唱する「超並列的思考能力」です!!

次回は、「思考のバランス力」を鍛えよう!!です。
→Go To Next Page


【関連記事】
「思考のバランス力」って何ですか?
知識を統合する力
「思考のバランス力」を鍛えよう!!
孔子のバランス力(作成中)
【関連書籍】
本は10冊同時に読め!(成毛 眞著)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 02:23| Comment(0) | 「思考のバランス力」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。