2009年06月04日

本は10冊同時に読め!(成毛 眞著)

【出版社名】三笠書房

【発行年月】2008年1月

【著者紹介】成毛 眞(なるけ まこと)

1955年、北海道生まれ。中央大学卒業後、自動車部品メーカー、アスキーなどを経て、86年、マイクロソフト株式会社に入社。91年、同社代表取締役社長就任。2000年に退社後、株式会社インスパイアを設立。製造業をはじめとする企業に対し、投資コンサルティング業務を行う。ビジネス界きっての読書家として知られており、多くの新聞・雑誌に書評を寄せている。

【目次】
はじめに 人生に効く「超並列」読書術

第1章 仕事も生活も劇的に変わる!―「速読」かつ「多読」の読書術

第2章 一生を楽しみつくす読書術―人生は、読書でもっともっと面白くなる!

第3章 「人生を楽しむ力」と「読書量」―忙しい人ほど本を読んでいる!

第4章 まずは「同時に3冊」から!―実践!「超並列」読書術

第5章 「理屈抜きで楽しめる」読書案内―私はこんな本を読んできた!

おわりに 本は「人生を楽しむ」知恵の宝庫である!

【一言】
副題を読んでくれ!!
「本を読まない人はサルである!」
なんともまぁ、衝撃的でぶっとんだ本です!!(それが、イイ!)
是非読んで下さい。人生の幅が広がるオススメの1冊。

本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)


【紹介記事】
「超並列的思考能力」って何?
「超並列」読書術とは、一言で言えば「本は10冊同時に読め!」ということだ。物理学の本と江戸の文化を題材にした新書、戦時物のノンフィションと経済学の論文というように、まったく違うジャンルの異なる本を同時並列的に読みあさっていくのだ。

(中略)

なぜなら、本のジャンルやテーマによって、刺激される脳の部位が異なるからだ。私は脳の専門家ではないので、読書をすると具体的に脳のどの部分が刺激されるか科学的に検証することができないが、ベクトルの異なる本を同時に読めば、脳のさまざまな部位を活性化することができるのではないかと思う。
(p.6 , p.16を引用)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 03:22| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。