2009年06月30日

インプット・アウトプットのバランス力

前回、「自分自身が価値のある人間にならなければ、状況は一向に良くならない」として、勉強、情報収集に力をいれよう。
という話をしました。


ここで、あなたが、
勉強や情報収集を十分にしていた
仮定しましょう。

はたして、それで価値のある人間になれたでしょうか??

答えは、まだまだ不十分だと思います。



なぜ不十分なのでしょうか??



一般に、勉強や情報収集は、「インプット」といわれ、自分の頭への入力という扱いです。

いくら入力を多くして知識をつけたとしても、
現実社会、周りの人間に貢献できなければ、
ただの頭でっかちの、理屈屋になってしまいます。

相手にとってメリットのある情報を提供し、貢献しなければ、
十分に価値のある人間になれたとは言えません。

勉強したという事実に満足して、得た知識を「アウトプット」(=出力)しなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

「アウトプット」してはじめて、「インプット」した情報が生きるのです!!

この「インプット」と「アウトプット」のバランス力を養うことは、
価値のある人間になるために必要不可欠なことです!!

では、どうやってアウトプットするのでしょうか??それは、次回の記事で
→Go To Next Page


【関連記事】
なぜ情報を多く仕入れる必要があるのか?
あなたは自己投資していますか??
できる人のアウトプット術
ギブとテイクのバランス力

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 22:11| Comment(0) | 知識のバランス力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。