2009年07月08日

凡人が一流になるルール(齋藤 孝著)

【出版社名】PHP研究所

【発行年月】2009年7月

【著者紹介】齋藤 孝

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て、現在明治大学文学部教授。専門は、教育学、身体論、コミュニケーション論。
著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社、毎日出版文化賞特別賞受賞)など多数。
小学生向け塾「斎藤メソッド」主宰。

【目次】
第1章 エジソンルール
第2章 カーネギールール
第3章 渋沢栄一ルール
第4章 豊田佐吉ルール
第5章 小林一三ルール
第6章 フォードルール

【一言】
6人の偉人のエピソードをふんだんに盛り込んだ一冊。

自分にあった考え方が見つかるかも。

一読の価値あり。
凡人が一流になるルール (PHP新書)

【紹介記事】
エジソン式「思考のバランス力」
「現在のところ六つないし七つの構想を同時に練っているところです。一つのアイディアを考えることに疲れたら、別のアイディアに移るといったように対象を変えていくので、絶えず新鮮で楽しい研究生活を送れるのです」(エジソン)

(中略)

同時に複数の構想を練るエジソンに、記者は「混乱しないのか」と続けて質問した。すると、エジソンはこう答えた。

「まったくその心配はありませんね。それどころか一つの構想を練っている最中に、他の構想に役立つアイディアが偶然生まれることも多いのです」(エジソン)
(p.42を引用)

本日の購入本(2009/07/01)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
おかげ様で、
「にほんブログ村 仕事術」部門 人気ランキング
第2位ぴかぴか(新しい)です!!
(2009/07/08現在)
posted by 斉藤 一政 at 23:46| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。