2009年06月01日

知識を統合する力

過去記事で、「思考のバランス力」とは、
  1. 情報を多く仕入れ
  2. 客観的に物事を判断し
  3. 知識を統合する力を養う
  4. 超並列的思考能力
と定義し、「経験・知識・情報をたくさん入手しよう!」と論じてきました。


今回は、3.の「知識を統合する力を養う」について述べていきます。


誰もが思いつかないような、思わずハッと惹かれてしまう独創的な発言や企画などを手に入れるには、
どうすればいいのでしょうか??

この答えとなるようなヒントが、こちらにありました。

外山 滋比古著の「思考の整理学」という本の中の
“醗酵”というトピックです。

ここでは、自分が向き合っているテーマや企画を
ビールの「素材」である麦にたとえ、
それを独創的なモノへと熟成してくれるヒントやアイディアを
麦をビールへと醗酵してくれる「醗酵素」にたとえて、
以下のように述べています。
ビールをつくるのに、麦がいくらたくさんあっても、それだけではビールはできない

(中略)

アルコールに変化させるきっかけとなるものを加えてやる必要がある。これは素材の麦と同質のものではいけない。異質なところからもってくるのである。
大きな発見が、ときに、霊感によってなしとげられるように伝わられるのも、この酵素が、思いもかけないところから得られたのを第三者が驚異をもてながめるときの印象であろう。

(中略)

おもしろいテーマを得るには、このヒントが秀抜でないといけないが、それが、なかなか思ったところにころがっていないから苦労する。
また、このようなことも言っている。
週刊誌を読んでいても、参考になることにぶつかることがある。他人と雑談していて、思いがけないヒントが浮かんでくることもある。読書、テレビ、新聞など、どこにどういうおもしろいアイディアがひそんでいるか知れない。
「知識を統合する力」とは
この「素材」「醗酵素」をいかに反応させるか、という力のことです。

どこにどういうおもしろいアイディアがひそんでいるかわからない。
だから難しいし、おもしろいと思うんです!!

もしあなたが、いま取り組んでることに思い悩んでいるなら、
まったく関わりのないことを始めてみるといいと思います。

そこに解決する糸口となる「醗酵素」を発見できるかもしれませんね…。

次回は、謎のキーワード「超並列的思考能力」について。
→Go To Next Page


【関連記事】
「思考のバランス力」って何ですか?
なぜ情報を多く仕入れる必要があるのか?
客観的に物事を捉えるための三要素
「超並列的思考能力」って何?
醗酵させるには時間をおけ?(作成中)
【関連書籍】
思考の整理学(外山 滋比古著)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 00:53| Comment(0) | 「思考のバランス力」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

「超並列的思考能力」って何?

ブログ開設からはや1週間。
ようやく、「思考のバランス力」の定義のラストまできました。

さて、今までの復習ですが、
「思考のバランス力」とは、
  1. 情報を多く仕入れ
  2. 客観的に物事を判断し
  3. 知識を統合する力を養う
  4. 超並列的思考能力
です。


今回は、「超並列的思考能力」について述べていきます。

この「超並列的思考能力」とはいったい何なのでしょうか??

あまり聞き慣れない言葉ですよね。実は、これも私が考えたキーワードです!!

考えたというか、
成毛 眞氏の著書「本は10冊同時に読め!」に紹介される
「超並列読書術」から感化されて、作った言葉です。

まず、「超並列読書術」とは何か?
彼の言葉で紹介すると
「超並列」読書術とは、一言で言えば「本は10冊同時に読め!」ということだ。物理学の本と江戸の文化を題材にした新書、戦時物のノンフィションと経済学の論文というように、まったく違うジャンルの異なる本を同時並列的に読みあさっていくのだ。

(中略)

なぜなら、本のジャンルやテーマによって、刺激される脳の部位が異なるからだ。私は脳の専門家ではないので、読書をすると具体的に脳のどの部分が刺激されるか科学的に検証することができないが、ベクトルの異なる本を同時に読めば、脳のさまざまな部位を活性化することができるのではないかと思う。

今回は、この本が主題ではないので、詳しくは語りませんが、非常に衝撃的でぶっとんだ本なので、機会があれば是非読んで下さい。人生の幅が広がると思います。


さて、本題に戻りたいと思います。
「超並列的思考能力」でしたね。
なんとなくおわかりかと思いますが、

「1つのことにこだわるのではなく、多角的、立体的に考える!!」

ということが言いたいのです!!

まだ抽象的ですね。
次の具体例で、説明したいと思います!!

  • 「自分の意見を持て」と言われたと思ったら、
    「チームワークを大切にしろ」とも言われる。
  • 「何事にも肯定的に考えろ」と紹介する本があったり、
    「まず疑って、裏を読め」と紹介する本がある。
  • 一方で「分刻みで予定を立てろ」という人がいるが、
    他方で「時間を気にせず心に余裕を持て」という人がいる。


思わず、どっちだよ!と感じてしまうかもしれません。

しかし、私はこれらを矛盾とは考えません。
むしろ、それらの「バランス」が大切なのです。

100人いれば、100通りの考え方があるように
完璧な正解なんて、この世の中にはほとんどないんです!!

その場の状況、相手との関係、タイミング…
などなど、いろいろな要素が影響してきます!!

やってみて成功することも失敗することもあるでしょう!!
でも、それでいいと思うんです!!

いろんな意見や、いろんな可能性、それらは全て正しいし、
間違った人生なんかかは存在しない!!

“清濁併せ呑む”なんてことわざがあるように、
バランス力のある人が、深く信頼され、人生を謳歌できる!



「並列的、多角的、立体的に、ものごと考える」

それが、私の提唱する「超並列的思考能力」です!!

次回は、「思考のバランス力」を鍛えよう!!です。
→Go To Next Page


【関連記事】
「思考のバランス力」って何ですか?
知識を統合する力
「思考のバランス力」を鍛えよう!!
孔子のバランス力(作成中)
【関連書籍】
本は10冊同時に読め!(成毛 眞著)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 02:23| Comment(0) | 「思考のバランス力」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

「思考のバランス力」を鍛えよう!!

これまで、「思考のバランス力」とは何か述べていました。

今回は、もう一度、まとめたいと思います!


◆まず、「思考のバランス力」って何ですか?の記事で
「思考のバランス力」とは
  1. 情報を多く仕入れ
  2. 客観的に物事を判断し
  3. 知識を統合する力を養う
  4. 超並列的思考能力
のことです!!
この「思考のバランス力」を持つ者こそが、人生を謳歌し、さらには社会で成功することが出来るのです!!
という話をしました!!

として、1〜4について、それぞれ詳しく説明していきました!!

なぜ情報を多く仕入れる必要があるのか?では
今年生まれる新しい情報の情報量は、過去5000年間に人類がすべてが生み出したすべての情報量よりも多い
などといった話を紹介し、
「いかに正確な情報を多く収集できるか」という点が、非常に重要である。と述べました。

客観的に物事を捉えるための三要素では
  • 経験が少ないと想像できない
  • 知らないことは想像できない
  • 情報がなければ想像できない

想像できなければ、偏って物事を捉えてしまったり、
一つの特徴だけを見て人を判断してしまったりしがちです。
公正な客観的な視野を持つには
何よりも「より多くの経験をし、より多く学び、より多くの情報を集める」
ということが必要になります!!
と論じ、経験知識情報を大切にしようと述べました。

知識を統合する力の記事では、
自分が向き合っているテーマや企画をビールの「素材」である麦にたとえ、
それを独創的なモノへと熟成してくれるヒントやアイディアを麦をビールへと醗酵してくれる「醗酵素」にたとえて、統合力の話をしました。
「知識を統合する力」とは、この「素材」と「醗酵素」をいかに反応させるか、という力のことです。
どこにどういうおもしろいアイディアがひそんでいるかわからない。
だから難しいし、おもしろい
と述べました。

「超並列的思考能力」って何?において、
成毛 眞氏の著書「本は10冊同時に読め!」を紹介し、
100人いれば、100通りの考え方があるように
完璧な正解なんて、この世の中にはほとんどないんです!!
その場の状況、相手との関係、タイミング…
などなど、いろいろな要素が影響してきます!!
やってみて成功することも失敗することもあるでしょう!!
でも、それでいいと思うんです!!
いろんな意見や、いろんな可能性、それらは全て正しいし、間違った人生なんかかは存在しない!!
“清濁併せ呑む”なんてことわざがあるように、
バランス力のある人が、深く信頼され、人生を謳歌できる!

「並列的、多角的、立体的に、ものごと考える」

それが、私の提唱する「超並列的思考能力」です!!
と述べました。


これまでの記事で、「思考のバランス力」がどういうことを主題としているか、理解していただけたと思います!

「思考のバランス力」を鍛えて、私と一緒に、人生を謳歌し社会で成功しましょう!!

「思考のバランス力」を鍛えるには、あなたの力が必要です!!次回は、「思考のバランス力」を見ているあなたへ
→Go To Next Page


【関連記事】
「思考のバランス力」って何ですか?
なぜ情報を多く仕入れる必要があるのか?
客観的に物事を捉えるための三要素
知識を統合する力
「超並列的思考能力」って何?
「思考のバランス力」を見ているあなたへ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 13:19| Comment(0) | 「思考のバランス力」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。