2009年06月09日

7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー著)

【出版社名】キングベアー出版

【発行年月】1996年12月

【著者紹介】スティーブン・R・コヴィー(Stephen R.Covey)

1932年10月24日、アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティ生まれの作家、経営コンサルタント。
1952年、ユタ大学卒業。1957年ハーバード大学でMBA取得。 1976年、ブリガムヤング大学にて博士号取得。 ブリガムヤング大学で、学長補佐、および経営管理と組織行動学の教授を務める。 現在はフランクリン・コヴィー社(本社アメリカ)の共同創設者であり副会長。 『7つの習慣 成功には原則があった』の著者として世界的に有名。

【目次】
第一部・パラダイムと原則について(Part 1 Paradigms and Principles)
 インサイド・アウト(内から外へ)(Inside-Out)
 人生の扉を開く「7つの習慣」(The Seven Habits--An Overview)

第二部・私的成功 (Part 2 Private Victory)
 第一の習慣・主体性を発揮する (Habit 1 Be Proactive)
 第二の習慣・目的を持って始める (Habit 2 Begin with the End in Mind)
 第三の習慣・重要事項を優先する (Habit 3 Put First Things First)

第三部・公的成功 (Part 3 Public Victory)
 相互依存のパラダイム (Paradigms of Interdependence)
 第四の習慣・Win-Winを考える (Habit 4 Think Win/Win)
 第五の習慣・理解してから理解される (Habit 5 Seek First to Understand, Then to Be Understood)
 第六の習慣・相乗効果を発揮する (Habit 6 Synergize)

第四部・再新再生 (Part 4 Renewal)
 第七の習慣・刃を研ぐ (Habit 7 Sharpen the Saw)
 再びインサイド・アウト (Inside-Out Again)

【一言】
有名な本なので、友人に借りて読んでみました。


7つの習慣―成功には原則があった!



【紹介記事】
「思考のバランス力」を見ているあなたへ
人は、物事をあるがままに、つまり客観的に見ていると思い込んでいるのが常である。
しかし、私たちは世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままに世界をみているのだ。

(中略)

そして自分の意見に相手が賛同しないとなれば、すぐにその人が間違っていると思ってしまう。

(中略)

誠意があり知力に恵まれた人たちでも、それぞれの経験というレンズを通して、同じ事実について異なる見方をするのである。
(p.23を引用)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 01:09| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

本日の購入本(2009/07/01)

今日は久しぶりに本屋に立ち寄り、本日発売の新書
和田 秀樹氏著の「1分間をムダにしない技術」
齋藤 孝氏著の「凡人が一流になるルール」
購入してきました。

皆様のタメになるような情報が見つかりましたら、記事に載せようと思います。

2冊ともまだ軽くしか読んでいないので、Amazonの内容紹介から引用したいと思います。

【出版社名】PHP研究所

【発行年月】2009年7月
連載を抱えながら年間40冊の本を出し、カウンセリングや大学教授の仕事をこなし、3つの会社を経営して利益をきちんと確保し、最近は映画監督としても活躍する。
超多忙な生活を送る著者は、いかに時間使いの名手となったのか?
自分が食べたものを記録し、食生活を見直す“レコーディング・ダイエット”の発想を時間管理に応用し、こまめに時間を記録・分析すれば、誰でも簡単に時間の質を飛躍的に高めることができる。
あなたはテレビドラマが9時52分に終わってから10時まで何をしているだろうか?
「時間が足りない」と言いながら、無自覚にムダな時間を過ごしていないだろうか?
「自分の読む速さ、話す速さを知る」「お金をかけて時間をつくる」「楽しいことから先にやる」「似たような仕事はまとめる」など、著者が失敗から学んだノウハウを実践することで、スキマ時間が生まれ、あなたの成果は倍増する! たかが1分、されど1分なのである。


【出版社名】PHP研究所

【発行年月】2009年7月
「一流を目指して一歩一歩道を踏み固めている者にとっては、自分をしっかり凡人としてとらえることは、歩むエネルギーになる。凡人として出発することで、学ぶ素直さが生まれる」……(本文より)
「30歳からの偉人伝」というコンセプトで、現代の産業社会の基礎をつくった偉人6人の「仕事のルール」を学ぶ。大実業家の生きざまに感動しながら素直に身につける成功鉄則が、あなたを一回り大きくするだろう。
<本書に登場する偉人とルールの例>
エジソン―「思いつきは、その場でメモに残す」
カーネギー―「喜んでタダ働きする」
渋沢栄一―「座右の書を持つ」
豊田佐吉―理解するまで帰らない
小林一三―若いころは他力、経験を積んだら自力
フォード―変化自体を習慣化する


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
posted by 斉藤 一政 at 00:41| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

レバレッジ人脈術(本田直之著)

【出版社名】ダイヤモンド社

【発行年月】2007年12月

【著者紹介】本田直之

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQへの上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役、米国Global Vision Technology社取締役を兼務。東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで過ごす。著書に、40万部を超えるベストセラーシリーズとなった、『レバレッジ・リーディング』『レバレッジ・シンキング』(共に東洋経済新報社)、『レバレッジ時間術』(幻冬舎新書)、『レバレッジ勉強法』(大和書房)、訳書に『パーソナルブランディング』(東洋経済新報社)がある。
 
サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)
明治大学商学部産業経営学科卒
(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
世界遺産アカデミー正会員

【目次】
Prologue
人脈づくりこそ最強の投資
最小の労力で、関わった人すべてが最大の成果を生む「レバレッジ人脈術」

Leverage 1
レバレッジ人脈とは何か

Leverage 2
会いたい人に接触する「アプローチ」の方法

Leverage3
うまくコミュニケーションをとる方法

Leverage4
人脈を継続させるには

Leverage5
「レバレッジ・ネットワーク」構築でお互いに成長する

あとがきにかえて──コントリビューション自体が「喜び」だ

【一言】
人脈を「自分にどれだけ役に立つか」という観点で捉えている人は多い。

しかし、人脈とは「誰を知っているかよりも、誰に知られているか」が大切であり、相手にコントリビューション(=貢献)するという考え方が重要なのである。

このコントリビューション思考は、非常に感銘を受けた考え方であり、私の基本モットーだ!!

レバレッジ人脈術


【紹介記事】
ギブとテイクのバランス力
よく、人づきあいは「ギブ・アンド・テイク」だ、とか「ギブ・アンド・ギブ」で、とよく言われます。

「ギブ・アンド・テイク」は論外だと思いますが、実は「ギブ・アンド・ギブ」という言葉にも、違和感があります。

「ギブ(与える)」には上からの目線でモノを言っているような、偉そうな響きがあるからです。

それよりも、わたしがもっとも大事にしているのは、「コントリビューション(貢献)」です。

(中略)

人に会うときは、まず、「この人に対して自分はどんな貢献ができるか」を考える。
(p.24を引用)

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ←いつも応援ありがとうございます!
おかげ様で、
「にほんブログ村 仕事術」部門 人気ランキング
第4位ぴかぴか(新しい)です!!
(2009/07/03現在)
posted by 斉藤 一政 at 19:01| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。